スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シチリア旅行②

もう少しシチリアの話を。。。

今回の旅行もレストランでというよりはいかにもシチリアらしいお料理ばかりを食べに
事前調査をばっちりにして出かけました。
なので行ったところはどこも美味しく印象に残りました。

パレルモでは夜遅くの人だかりの中で立ち飲み。
目の前で茹で上がったタコをぶつ切りにしてレモンをぎゅっと絞ったのものや、
皿いっぱいのムール貝に野菜のフリット。モツ(内臓)の煮込みをパンに挟んだものをかぶりつき
冷えたビールで流し込む。。。
もう、体重増加まっしぐらですが気にしていては美味しいものも食べられないので・・。


パレルモ



メッシーナで食べた食堂のパスタの美味しかったこと!
シラクーザの屋台の馬肉のパニーノ、ノートで食べたピスタチオ料理の数々・・・。

その中でパレルモから一時間くらい車で走らせた海沿いにあるお店で食べたお料理は
全てがパーフェクトな美味しさでした。メニューは特になくお店がその日に出したいお料理が
どんどん出てくるスタイル。ワインもテーブルに白はインツォリア、赤はネロターボラのみ!
そして、またこのワインがお料理とよく合いました。

シチリアで食べたお料理をいくつか再現してお店でも作ってます。
その中の一つが魚のオーブン焼き。現地では太刀魚でしたがお店では鰯で再現。
ブラットオレンジの香りと甘みと酸味が抜群な一品でした。
味を思い出しながら何度か作り直してやっと完成しました。


イワシのパレルモ風1


イワシのパレルモ風2

「鰯とパン粉、松の実にレーズンのオーブン焼き オレンジの香り」
こちらはディナータイムの最初のお口取りに登場中です。
アルケルメスの力も借りて鮮やかな色合いに仕上がっています。

シンプルに見えてすぐ作れそうな気軽さが楽しいイタリア料理。
でも今回、イタリア料理はとても奥が深いなとあらためて思いました。
そして素材ありきで野菜の濃い味わい、色鮮やかなお皿の数々に感動しました。
お皿が運ばれてきた瞬間にその香りと色と味によだれが落ちる、これがイタリア料理。
心の底からリフレッシュできた今回のシチリア旅行でした。


シチリアドルチェ





スポンサーサイト
プロフィール

LeGioie

Author:LeGioie
名古屋 池下のイタリア料理店
「レ・ジョイエ」での仕事、
日々の出来事

お店のHP 
http://homepage2.nifty.com/le-gioie/

最新記事
Twitter (シェフのつぶやき)
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。