スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドルチェ(ババ)

毎日、本当に寒いですね。
今日はこの寒い時期に温まるドルチェのご紹介です。

Baba(ババ)。
ナポリに行けば歩いていれば必ず目にするお菓子です。
イタリアではキノコ型、フランスではサヴァラン型。
ラム酒をたーーっぷりしみ込ませた温まるドルチェです。


ナポリのお菓子は・・・

ナポリのお菓子
こーんなに賑やかで・・・

ナポリのババ
こんな巨大なババもあります!

ナポリのババ2
ボリューム満点です。


こんなキラキラしたナポリのお菓子の後でご紹介するのは気が引けるのですが、
レ・ジョイエでは今年はサヴァラン型でババを作っています。

ババ


ラム酒と紅茶のシロップでしみ込ませたババに林檎のコンポートとラムレーズンのジェラート。
ババ3


うーん。比べちゃうとやっぱり地味だけど、
とろけたところで、もうワンショット!!
ババ2

ディナーコースに登場中です。


スポンサーサイト

降り積もる雪

名古屋・・・すごい雪です。
今朝、起きたときは積もるかなー、くらいの予想でしたが
積もるどころかお店のオリーブの枝は雪の重さに折れそうです。

雪の日 雪の日2



しかも、今日は日曜日=保育園はお休み。ランチを終えて家に帰ると
待ってました!と雪遊びのお誘い。

走り回る娘とは対照的に、
1歳の息子は雪に埋もれて「※△#○・・・」
言葉にならない言葉でぶつぶつ言ってました。
(うわっ、何だ?こわーい・・・と言っているにちがいないです・・)

雪の日3


大人たちは、こんな雪の日にしか出来ないことをしよう!と
蟹の身を殻から出してベシャメルソースを作り蟹クリームコロッケを作ったり
末の妹は甘いものが食べたくても寒くて買いに行きたくないからとアーモンドクッキーを作ったり

こんな雪の日だからやれるよね!ってことをおもいっきり楽しんだ日曜日の午後。

そして
ディナータイムの営業を終え、子どもを寝かしつけるために地下鉄で帰宅。


人通りも少なく、雪はまだまだ降っていて・・・。

でも、こんな夜に一人で雪道を歩ける幸せ。 
風はなく、しんしんと降り積もる雪を踏みしめる音だけが聞こえる幸せ。
一日の終わりに静寂の中に身を置いて
自然を感じれるこの幸せ。

久しぶりにこんな時間を過ごしたら体中に
エネルギーがみなぎった感じです。

足元の悪い中、ご来店頂いた皆様に感謝。
そして、明日の朝は時間との戦いになることを予想しつつも・・・
今日の降り積もる雪に感謝です。

最近のハマり。

最近はまっていること・・・
それは韓国ドラマ!
って、これも夫婦でめちゃめちゃはまっているのですが、そうではなく、
ホームベーカリーです!

夏の終わりに購入して、それから週2,3回は朝食はパンにして
毎朝パンの焼ける匂いで目が覚めるという生活を楽しんでいます。
いろいろな生地に仕上げることが出来るのですが
少しバターを入れると焼き上がりの匂いは格別です。
もう、早く食べたいがために目も覚めてしまいます。
きっとパン屋の屋根裏部屋に住んでいた魔女の宅急便のキキもこんな気持ちだった?

ホームベーカリー。 
パンはよく作っていたのですがその他の機能を使ったのは
年末からお正月にかけて・・・もう、すっごい機能満載だったんです・・・。
そして岩渕家ナンバー1機能に輝いたのは、餅です。
もち米と水を入れるだけでご飯が炊けて餅が練られて
つきたてのお餅が自宅で簡単に食べれるんです!
大根おろしで食べたり、砂糖醤油で食べたり、もちろん餡子やきな粉をまぶして食べたり。

次はうどん
コシがあって美味しい!
長く切らないで手でちぎって鍋に入れてもホウトウみたいで美味しかった!

こんなに機能満載なのに、今までパンしか作らなかったなんて。

山梨から妹がきて伝授してくれなかったら・・・
お正月でみんながそろわなかったら・・・美味しい機能も台無しでしたっ。

うどん


そして大好きなシニフィアン・シニフィエの志賀シェフのホームベーカリーのパン本も見つけました!

パン本

これでまたまた毎朝、楽しくなりそうです。

今夜も寝る前は粉の計量しないとね

パン生地


行かなかったけれど・・・

・・・妹宅でのイノシシ事件の続きです・・・。

恐怖!といいつつも
美味しく食したようです。→コチラ☆
焼肉、しし汁、煮込み・・・と写真まで。

やっぱり、行くべき!
だったかしらっ。


行こうかいこまいか・・・。

山梨に住むからの電話に、かなりそそられました。

『朝ね、家の横にイノシシが走っていて
 畑のこともあるし危ないから役場に電話したら
 猟師さんが来て鉄砲で撃って行ったの。
 そしたらね、今さっき
 イノシシが肉になって届いたんだけど、どうしよう・・・』

私たちからみれば、えー!美味しそうじゃない?煮込みにしたら?とか普通なんですが
妹からしたら、さっきまで走り回っていたイノシシだから
お肉の入った袋を開けるのも抵抗あるというのです。
なるほど・・・。 

それで、お誘い。

 『ねぇ、食材あるから遊びに来ない?』

かなり、そそられました。
でも、スタッドレスタイヤに変えてまで行くのも大変だと断念。

妹の家はストーブなので、薪を割って暖房しているそうです。
そのストーブに鍋を置いてゆっくり料理してみるそうです。
自然の恵み。
美味しいだろうな。


プロフィール

LeGioie

Author:LeGioie
名古屋 池下のイタリア料理店
「レ・ジョイエ」での仕事、
日々の出来事

お店のHP 
http://homepage2.nifty.com/le-gioie/

最新記事
Twitter (シェフのつぶやき)
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。