スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドバイからの手紙

先日、中東のドバイから手紙が届きました。
何だったかな・・・と思って開けてみると
なんと、懐かしい友達からの近況報告でした。

もう10年以上前にイタリアの中部、Bolognaボローニャに学生で暮らしていた時に
一緒にアパートをシェアしていたイギリス人の Danダン。
私もイタリアに行ったものの知り合いもいなく一人でアパートを借りる資金もなかったので
ルームメイトを探していて出会ったのがダン。
彼はイギリス、リバプール出身の大学生でボローニャ大学でラテン語の勉強をしていました。

手紙には2年ほどドバイで働いているという事、
仕事相手が日本人で今週末に日本に来るという事などが書かれてあって、
あの大学生で朝、なかなか起きてこなかった ダンがビジネスマンに
なっているなんて!とあの頃の思い出がグルグル頭をよぎって懐かしくて・・・。

当時イタリアで暮らすこと、働くことが夢だった私はダンによく料理を作って感想を聞いていました。
だから手紙にも、いまでも美味しいイタリア料理を作っているの?なんて書いてあり
作るどころかレストランをしてるのよ、なんて返事をした時
あの頃の自分に夢を叶えたんだね!ってつぶやいてしまいました

自信がなくて、やりたいことを見つけるのが苦しかった10代。
やりたいことは明白なのに、なかなか上手くいかなかった20代前半。
自分の道はこれだ!とがむしゃらに頑張った20代後半。
自分のことだけ考えてやってこれた20代とは違っていろいろなことに
責任を感じている、今。
目標というとなんかたどり着かなくてはいけない固さがあるので、やっぱり「夢」かな。
叶わなくたって夢を持って毎日頑張ろう・・・!

ずっと連絡を取っていない友達に会うのは
思い出が当時のままだから
あの頃の自分に会える気がしてドキドキしてしまう。



dan


追伸
今は手紙もメールの時代。
届くか不安になる国もあるけれど
それも含めて、やっぱり手紙っていいなぁ。


スポンサーサイト

パン(シニフィアン・シニフィエ)

先日、イザーレ・シュウの水口シェフに教えていただきイザーレさんが主催する
お料理とパンのコラボ企画に参加してきました。
パンは東京・三軒茶屋のシニフィアン・シニフィエ(Signifiant Signifie)!!
志賀シェフのパンに対する哲学を垣間見、計り知れない情熱を感じました。
長時間発酵により粉の旨味を最大限に引き出されたパンの数々・・・
水口シェフの美味しいお料理とともに堪能いたしました!


パン一次発酵   
水分量90%  発酵途中・・・生きています


バゲット

この気泡・・・他にはないまさにシニフィアン・シニフィエ独自の世界です。 

貴重な体験をありがとうございました。



葡萄の詩

5月に入って初夏を感じる暑さだなって思っていたら
この何日かはなんだか肌寒いです
今日は店の外に敷いてあった板が飛ばされてしまったほどの風の強さ

でも、大好きな夏はもう少しでやって来る

そして今年も妹の葡萄(ぶどう)の予約が受付開始になりました!
私には妹が二人いるのですが一人は山梨に住んでいて葡萄農園をしています。
葡萄農園ですが桃やプラムも作っていて本当に美味しいです。
(特にソルダムは甘酸っぱい皮にそのままかぶりつき果汁がしたたり落ちて洋服を汚しても
そんなこと気にしていられない!ほおばらずにはいられないという美味しさ!)
うー、食べたくなってしまいました ・・・

ぶどうの発送時期は9月に入ってからですが
小さな農園で、家族だけで丁寧に仕事をしているので数があまり取れません。
なので少し早い時期からの予約開始になっています。

完熟のぶどうを朝収穫し、その日のうちに発送いたします。
詳しくはコチラ → 『葡萄の詩』

種あり巨峰の濃厚な美味しさをぜひ味わってみてください

魔法の手を持つ料理人

イタリアンフェアー中も大活躍だった久保田さん。
昨年結婚されたので久保田さん→藤田さんになりました。
ご主人はラベットラ名古屋の副料理長されています。

藤田さん


カッコイイでしょう?
素敵です。
小さい体に
大きな精神力

どんな食材も絶対美味しくする魔法の手を持つ藤田さん。
私が尊敬してやまない料理人です。

そんな彼女の今月のイチ押しはこちら!

マルタリアーティウサギのラグー

ウサギ肉とそら豆、春キャベツのマルタリアーティ
ふぞろいにカットしたショートパスタには黒胡椒が練りこんであります。
低温で煮込んだウサギに旬の野菜をあわせて
仕上げにペコリーノチーズ(羊のチーズ)を削って、もう、
メェ~

美味しいです!!
ただいま、ディナーコースに登場中。
ぜひ、お試しあれ



プロフィール

LeGioie

Author:LeGioie
名古屋 池下のイタリア料理店
「レ・ジョイエ」での仕事、
日々の出来事

お店のHP 
http://homepage2.nifty.com/le-gioie/

最新記事
Twitter (シェフのつぶやき)
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。